IT導入補助金2020の申請種類と補助率

有限会社香月 森一輝
筆者:oti hiroki

今回は,もうすぐ申請期間が終わってしまう、特別枠のC類型についての記事になります。
まずは、IT導入補助金2020の簡単な概要を説明します。

 

IT補助金とは、又「申請種類」と「補助率」

IT導入補助金2020には、申請種類が、A類型、B類型、C類型と全部で3種類の申請種類があります。事業者さまが導入したいサービスをIT導入支援事業者と選び、申請を行なっていきます。※IT導入支援事業者なしでは、申請ができません。

IT補助金 A類型

1つ目が、IT補助金のA類型で30万円~最大150万円1/2が補助されます。定期的な作業の自動化・効率化システム や自社の情報共有システムの導入などを検討されている事業者さまがAタイプの補助金の申請をおすすめ致します。

IT補助金 B類型

2つ目が、IT補助金のB類型がで50万円~450万円1/2が補助されます。Aタイプに比べ、補助率の割合は、同じですが金額が多く変わってきます。より複雑なシステムを導入を検討されている方は、Bタイプの補助金をおすすめ致します。

IT補助金 C類型

3つ目のC類型には、C類型−1C類型−2と分けられ、2種類のタイプの申請方法があります。又、PC等のレンタルも補助対象です。全く異なりますので申請には、注意が必要です。

C類型−1

①30万円〜150万円未満の2/3 「甲:サプライチェーンの毀損への対応」のみ導入とIT補助金とIT導入補助金2020の公式サイトにも記載されています。サプライチェーンとは、お客さまに商品の配給を継続する為に必要な設備投資やシステム開発費用に対し、最大150万円の2/3が補助されます。 ②150万円〜450万円以内の2/3 大型設備や複雑なシステムの場合、高額になってきます。150万円を超える場合は、必然的にC類型−1の②になりますが、300万円を超える場合は、従業員全ての給与を年間1.5パーセント以上の賃金引き上げ計画を決行しないといけない要件という条件があります。

C類型−2

①30万円〜300万円未満3/4
「乙:非対面型ビジネスモデルへの転換」と記載がありますが、店舗のみでの営業からインターネットを使った営業や販売サイトの開設、テレワーク環境に必要なパソコンやWEBカメラなどのレンタルもC類型は、補助対象になります。

②300万円〜450万円以内3/4
大規模なショッピングサイトのECサイトの開設やスタッフが多数在籍している場合には、テレワーク環境を整えるだけでも、多額なコストがかかってしまいます。IT補助金のC類型−2に関しては、300万円〜450万円の75パーセントが補助されます。

しかし、300万円を超える場合は、従業員全ての給与を年間1.5パーセント以上の賃金引き上げ計画を決行しないといけない要件がありますので事業者さまに合った、サービスを弊社がご提案させて頂きます。

関連する投稿
Related Posts
ホームページを制作するウェブ制作車
小規模事業者持続化補助金を活用したホームページ・ECサイトの開設
飲食店に必要なウェブ集客
飲食店が取り組むべきウェブ集客とは?
ホームページ制作に必要な写真撮影
ホームページの制作に必要な素材写真の種類と費用感まとめ
ホームページの種類一覧
9つのホームページの種類と業種・目的に合わせた役割
レスポンシブに対応したホームページ
他社と差をつけるホームページデザイン
補助金詐欺
IT導入補助金詐欺にご注意ください。
最新の投稿
Latest Posts
インボイス対応のアプリと香月カゲツのECサイト制作の専門性
ホームページ用の素材に使える写真プロと素人の違い
ホームページ用の素材に使える写真プロと素人の違い
IT導入補助金を使ったECサイトの構築
ECサイト構築に使えるIT導入補助金2023デジタル化基盤導入枠
IT導入補助金2023年
2023年度 受付開始!最大350万円交付の「IT導入補助金2023」
中小企業向け「事業再構築補助金」の公募
ホームページとウェブサイトの違い – Webとは? 解説と使い分けの知識を身につけよう
私たちについて
ABOUT US
上部へスクロール